FC2ブログ

いよいよ今年も残り1%。

あと4日を残すのみとなりました。

個人的にはワークビザ申請、ビザ無事GET、チャーシューの改良、先輩が辞めた、スープの改良、新メンバーが増えた、袋入りラーメンの開発と忙しい1年でした。漢字一文字で表すなら「麺」の一文字に尽きます。ほんと、タトゥーにして腰に入れてもいいくらい(やめときなさい)

袋入りラーメンの製作作業は着々と進んでいます。慎重さ・繊細さや落ち着きが問われる作業にどこまで私が向いていないか…いや、頑張ります。というかこの作業を通して落ち着きを手に入れたいと思います。

74786_4934127668973_1245703878_n.jpg

写真はBOSSから1パックのスープの量を教わっているところです。こうして一つひとつ、袋詰めしているんですよ。

続きを読む

スポンサーサイト



パッケージラーメンを作ろう! 新事業の立ち上げ *パート3作業風景

こんにちは、またしても店主のマサの登場です。本当にごめんなさい。

前回もお伝えしました通り今回はパッケージラーメンの作業風景(どのように作業が進められているのか)をお届けいたします。

IMG_2373_convert_20121219103601.jpg
まずは作業現場ですが、こちら店内の片隅に冷蔵庫や冷凍庫にかこまれながら作業しています。広さは約畳み2畳分。

暑いっす。

暗いっす。
なので店内にもかかわらず別のライトを使用して作業を進めています。
予算もあまりないので使う機械も手動の物ばかりです。


IMG_2407_convert_20121219104245.jpg
そして耐熱と耐冷凍の袋に詰めます。
まずは麺。
箱にうまく入るように少し圧縮します。

IMG_2401_convert_20121219104116.jpg
具の当店自慢のチャーシュー。
これは先にバーナーで片面あぶった物を袋詰めします。

IMG_2403_convert_20121219104140.jpg
そしてチャーシューと一緒に入る当店で味付けをしたメンマ。
味濃い目になってます。

IMG_2399_convert_20121219103006.jpg
そしてサムライラーメンのとんこつ醤油のスープです。
タレと合わせたスープを一つずつ袋に入れます。

IMG_2405_convert_20121219104253.jpg

あとは箱詰めして完成のところまで来ました。
もうすぐ皆様に販売できる日が来ますのでもう少々お待ちください。
ニュージーランド各地での販売は、地域販売店との契約を結び後日ブログとフェイスブックにてお知らせいたします。
他にも来年作成予定の弊社ホームページより直販、直送致しますのでそちらもよろしくお願い致します。

パッケージラーメンを作ろう! 新事業の立ち上げ *パート2調理編

こんにちは、みなさん。
またしても店主のマサの登場です。ごめんなさい。

お待たせしました、パッケージラーメンを実際にご購入の際、皆様がご家庭でしていただく調理工程に入ります。
とっても簡単でスピーディー、しかもギトギトの油汚れの洗い物を出さないように、

「食べる前の準備」と
「食べた後の片付け」
この二つの事にこだわりました。

IMG_2352_convert_20121212122624.jpg
この写真のように鍋3分の1の熱湯に袋のまま凍ったスープとトッピング用の具を一緒に入れて5分間煮込みます。(強火)

IMG_2355_convert_20121212122734.jpg
二つの袋を取り出し、今度は麺を投入です。(麺は袋から取り出してください)
凍っているので箸でやさしくほぐし、1分30秒ゆでます。(ふきこぼれ注意。ふきこぼれそうな場合は弱火に調整してください)
ゆで上がった麺はご家庭のザルで湯切りします。(プロっぽく掛け声なんかするとカッコイイですよ。でもあまり「らーめんつけ麺僕イケメン」的な言葉は発しない方がいいと思います。古いです。「お前に食わすタン麺はねえ」もすでに死語の世界ですので気をつけましょう。無難に「いらっしゃいませー」が良いと思います。)

IMG_2357_convert_20121212122936.jpg
で、盛り付けです。
先ほど取り出したスープを器に入れ、湯切りした面をスープの中に入れます。この時よく麺とスープをなじませるとより美味しくいただけます。
そしてトッピングのチャーシューとメンマを盛り付けて完成です。
あぶったチャーシューの面を表側にするのをお忘れなく。

次回は作業現場の風景をアップいたします。
お楽しみに。

元気のモト。

先日、ディナーに来られたお客さんの話です。

注文後カウンターに座り、スケッチブックと色鉛筆を取り出し、音楽を聴きながら何やら描き始めまして。熱燗をちびちび、サラサラ、またちびちび、たこ焼きをもぐもぐ、サラサラ…ラーメンを横に悩んで手を止めて少し食べてまた描いて。あぁ、せっかくのラーメンがのびるよ~…と老婆心ながら横目で伺いつつ、どんな絵を描いてるんだろう、と気になりながら片付け作業をしていました。

小一時間後、空いたお皿をさげる時ちらっと見たら女性が蓮の花の上に座っている絵が。
まだ色は付いていなかったのですが思わず「いい絵ですね」と声をかけたら「お酒が美味しかったのでインスピレーションが沸いたんです」と。
そして「美味しかったです。ラーメンは初めて食べるけど本当に美味しかった」と言ってくださり、最後になんと、カウンターにこんなプレゼントを残してくれました。
7003_4845996705754_562740951_n.jpg

店の紙ナプキンに描いてくれた絵。テーブルを片付けたスタッフが見つけ、嬉しくて思わず持って帰ってきてしまいました。

こういうことがあるから、また明日も頑張ろう、もっと喜んでもらえるようできる限りのことをしよう、って思えます。こちらが元気をもらってしまったある日の出来事でした。

パッケージラーメンを作ろう! 新事業の立ち上げ

こんにちは、ご無沙汰しております店主のマサです。
実はただ今Samurai Bowlで新事業としまして当店のラーメンをパッケージしニュージーランド各地で小売販売しようと試みております。

もう2か月前から計画してずーーーっと動いてます。が、なかなか製品にならずイライラすることもしばしば・・・
希望小売価格を計算し原価計算をして「これならお客さんもハッピー!」と言う価格設定を割り出して販売ルートの確保へ。
北はオークランドからハミルトン、ウェリントン、ネルソン、ダニーデン、クイーンズタウン、そしてもちろんクライストチャーチの小売店へ。
IMG_2269_convert_20121210110337.jpg

このようにパッキングして冷凍保存し箱の中へ。
中身はとんこつ醤油のスープを店の味そのままパッキング、麺も当店で使っている熟成された麺を冷凍保存。
その他にチャーシューとメンマも入ってます。チャーシューは圧力なべで柔らかく煮た物をバナーで一枚一枚あぶって、当店で味付けしたメンマを一緒に包装しました。

箱はまだデザインしている段階なのでこれはサンプルです。このような状態で小売店の冷凍食品売り場で販売されるようになります。(と思います。)
IMG_2363_convert_20121210114100.jpg

この事業をスタートするのにクライストチャーチ市内を北から南、西から東へかなり駆けずり回りました。でもまだまだ終わってません、実のところこれからが本番と言うか真剣にやらねばならないところです。
大量に生産するわけではないのですが、パッケージの箱や袋なんかは少量の発注が出来ないため印刷ミスや「ここ手直しお願いします」って事がすり上がってから言えない・・・
販売店さん用にバーコードも取得しました。今までバーコードとは無縁な世界にいたので「バーコードっておっさんの頭にあるけど、なんて言ってもらうんだろう?」と結構悩んだ時期もありましたが、情報収集の上とりあえず一つゲット。
袋も耐熱でしかも冷凍にも耐えられる袋じゃないと調理できないのでこれも探すのに苦労しました。
そして「シーラー」と呼ばれる機械探し。「シーラー」とは袋と袋に熱を加え溶かしてくっつけるどこの国にも昔からある機会なのですが、なかなか見つけれませんでした。それがこちら。
IMG_2351_convert_20121210120054.jpg

まだ販売開始してませんが好評でしたら「スパイシー味噌ラーメン」や「とんこつラーメン」も増やしていこうと思ってます。そして裏メニューにしかなかった「つけ麺」も検討中です。
こういった消費者に顔を見ないで販売する物って「何が大切か?」を四六時中考えてます。
僕もそうですが「洗い物の時にめんどくさくないように」とか、
「何回もお湯を沸かさないといけないラーメンは食べるまでがしんどい」とか、
「決まりごとが多いラーメンの調理方法はめんどう」とか、
考えるときりがないのですが、とにかく「手間いらず」をテーマに毎日夜中まで考えて作っています。

新しい事に挑戦するのはいつも楽しく、そして大変でもあります。
来年早々には形になり店頭販売できると思いますので何卒宜しくお願いします!!!

*次回はそのご家庭で作る調理例を写真を交え公開いたします。ではでは。

いくら丼・鮭いくら丼始めました :-)

火曜の夕方から始まりました、新メニュー「いくら丼」と「鮭いくら丼」。期間限定、数量限定、売り切れごめんです。定番メニューの海鮮丼と同じく、酢飯か温かいご飯かお選びいただけます。(個人的な好みですが温かいご飯のほうがオススメです)
オプションで、+$1でアボカドトッピングもできます。

FacebookにUPしたその日のディナーでまず初日は完売。翌日もたくさんの注文をいただきました。最初はいくらの仕込み量を控えめにしていたのですがこの人気ぶりにスタッフ一同嬉しい悲鳴をあげております。

北海道出身のBOSSのスペシャルだれに漬け込まれたいくらを、是非この機会にお試しくださいませ(^^)532504_393674247375744_863481698_n.jpg
12194_393673677375801_2104261471_n.jpg
プロフィール

Samurai Bowl

Author:Samurai Bowl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
56551位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9172位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR